スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
ハープの続き
 皆さんにハープに関するコメントを頂き
読んでいると、ハープのことが、
フツフツと熱くなってきました

もう少し、アップさせていただきます

ですが

ハープ

赤色青色、分かりますか?

赤が「ド」
青が「ファ」
です。
3オクターブの音が出ます

ピアノ白い鍵盤部分と同じです


スタンダードタイプは、低い方にあと1オクターブ分
弦が有ります。
高さも1.5倍くらいです。

シャープやフラットは、上の黒いレバーを使います。



専門的には、演奏方法はいろいろあります。

爪を使ったり、力強くはじいたり。



ふたばの弾きかたは、指の腹で、やさしく撫でる感じです

体中の力を抜き切ったところで音を出します


日本にも工房があります。
福井県だったかな。

ふたばのハープは、アメリカから、はるばる
ドンブラコ、ドンブラコと、海を渡り、やってきました

その昔、アメリカ大陸に渡った、アイルランドの移民の方の
工房です

完全な受注生産のため、時間がかかります。

チェリーウッドで、出来ています

最初、やってきた時は、ナイロン弦

約一年ほど弾いて音をなじませ、今はカーボンの弦
張り替えてあります

新たな命が吹き込まれ、音も随分、変わりました

音は度々変化します。

建物、聴衆、声共鳴刻々と変化します
同じ場所で一日に2公演すると、
一回目と二回目では、違います

その時だけの音で、同じ音はありません

演奏の後は、できるだけハープに触れて頂ける
時間をとります。

みなさん、音を出してみられると、パッと明るい笑顔になる
それが、すごく素敵でね

ふたばは、この時間が一番好き

自分が出した音が、きれいな音なのに、ビックリされたり

それらの音がハープに記憶されて、積み重なり
音が変わっていきました

初めの頃の音とは、全く違いますよ


演奏を聞いて下さった方が、ハープを持ってらして、
もう弾かないんだけど、もったいないし、
押入れで眠ってるハープを

「良かったら、もらってください」という話になり
我が家には、今、ハープが2台

似た形だけど、音は全く違います。
それぞれです



音楽の概念

日本やほとんどの先進国で音楽といえば、
完成されたメロディーや楽曲が当たり前

小さな民族、山岳地帯で生きる人たちは、太鼓を鳴らしたり
祈りの音だったり
そこに住まう人たちの生活音も入った
独特のリズムだったり

音楽の概念も国が違えば、全く別物。

この2つの真ん中くらいの感覚が、いいなぁ
なんて思ってます

だんだん個人的な感覚の記事になってしまいました
ちょっとマニアックでした

話が飛び飛びになりましたが、
お付き合い下さいまして、ありがとうございます

もう少し上手く表現できるように、なりたいです
  














カテゴリ:音楽 | 01:58 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
ハープ
         ハープ

私の楽器紹介します

ハープ

アイリッシュ・ハープです

名前の通り、アイルランドの楽器です

ハープの種類はたくさんありますが、原型に近いハープです

繊細で、限りなく光に近い音です

私のハープは、22弦、膝の上に置いて弾く小型です。

29弦のスタンダードなハープは、低音が響きます

低音部の弦が有り、共鳴板も大きいため、
音の響きが、心地良いのです

据え置くなら、大きい方が欲しかったのですが、

持ち運ぶことを優先させ、小型にしました

ふたばは、このハープ(3.5キロ)を持って、電車で移動するので、 
これより大きいのは、ちょっと無理…

2007年の春、近くで演奏会があり、初めてハープの音を聞き
いい音だなぁって思って始めました

演奏会で一緒に音を重ねたりしてるうちに、
が、建物聴衆などと共鳴し変化していくのを
感じるようになり、今日はどんな音に出会えるのか
楽しみになりました

ハープを通して、たくさんの方に出会えたこと、
たくさんのハートにふれたこと、そして気付いたこと

不思議なつながり展開がありました

ふたばは、日頃、音楽とは無縁の生活なので、
曲や楽譜が億劫で、楽器を弾くことが
なかなか、上手くできません

ただ、「」に魅かれて鳴らしています
最近、ハープを弾くのも、ちょっとご無沙汰してますが

これからも、自分の音を探していきたいと思っています。
そして、形にしていきたいです



カテゴリ:音楽 | 14:19 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/1PAGES |